フリーランスであることを家族に伝える際の注意点

###Site Name###

世間では定職に就いていることがよいこととされており、フリーターなど稼ぎが一定ではない仕事に対しては冷ややかな目線で見られることが一般的となっています。
働き方が多様化し、非正規雇用の人も増えてきてからはこうした傾向も段々と見られなくなってきましたが、それでもなお定職に就くことを勧める人はいます。

特にフリーランスで頑張っていることを伝えると、多くの人はそれで生活できるのかという心配の声、そして、現状がうまくいっていたとしても今後大変なことになるぞと脅しのような言葉をかける人など様々です。



フリーランスであること、会社を辞めてフリーランスとして活動することを家族などに伝える際に気をつけておきたいことは、ちゃんとした準備をしてからフリーランスに転向することです。
多くの人は、人間関係がこじれたからとか、会社で色々と指導されるのが嫌だからとかそういった理由で会社を辞めたのではないかと思いがちです。



そうではなく、こうした仕事をしたい、もしくはフリーランスの方が稼ぐことができるといった理由を説明すること、そして、貯金として数カ月分の生活資金はあるなどのことを伝えておけば、覚悟を持って会社を辞めたということがわかります。
家族としては、ちゃんと生活できるのかどうかがまずは心配になり、できれば安定した稼ぎを手にしてほしいと考えます。

その不安を払拭するためにも、気合を入れて働き、楽しく仕事をする姿を見せることが必要です。