フリーランスのメリットとは

###Site Name###

最近の新しい働き方の概念として、フリーランスという言葉が使われるようになってきました。

バブル景気の時代には、よく似た言葉のフリーターという働き方の形態が一般化し、ある程度の認知を得ておりましたが、フリーランスとはアルバイトをして生計を立てるフリーターとは違い、自分のスキルを最大限に活かし得意分野において稼ぎを得るという働き方です。



そのために時間や場所に制限がほとんどなく、受注した仕事を期限内にこなすことさえできていれば、どこにいても問題はありません。

多くのフリーランスの人はインターネット上でのやり取りが主となっており、自信の運営するブログなどの収入源も確保しているケースがほとんどです。そのために一般的な会社勤めの場合よりも高額な収入を得ている人も少なくありません。



しかしフリーランスである以上、リスクも伴います。



基本的に仕事の受注が収入に直結しますので、安定性に欠けるということが最も大きなデメリットでしょう。

組織に属していないために福利厚生の観点からも会社員や公務員と比較すると厳しい面があります。

もっともそのような後ろ盾がない状態であるからこそ、質の高いアウトプットが実現できるという側面もあります。

時間や場所、人間関係などに縛られることなく、得意分野を生かした新しい働き方であり、今後もフリーランスを目指して独立を果たす人は増加していくものと見込まれます。自分の特性を客観的に見極めて、成功に結び付けたいものです。