フリーランスのワークスタイルいろいろ

###Site Name###

一口にフリーランスといってもいろいろなワークスタイルがあります。


フリーランスは企業から仕事を請け負っても雇用関係にはならないので、特に指定を受けない限りは出社をする義務はなく、作業はすべて自宅など任意の場所で行い、電話やメールなどで適宜連絡を取りながら仕事を遂行するスタイルの人が多数派です。期限と依頼内容にさえ忠実であれば時間や場所に囚われずに仕事ができるのがフリーランスの強みのひとつなので、空き時間に取り組むことができ、かつ遠隔地間でも素早く納品が可能なIT関係やメディア関係のクリエイティブな職種では特にこの傾向が顕著です。

クリエイティブな職種は当人のセンスやスキルが重視される一方で初心者への間口も広いので、本業としてフリーランスで働いている人はもちろん、別の本業を持っている人や、主婦や学生などの隙間時間を活用したい人が副業として行うこともできます。



一方で、依頼を受けるたびに非常勤勤務のような形で出向いて仕事を行うという人もいます。



主に多人数で取り組む必要がある大規模なプロジェクト案件や、複数の現場間の密接な連携が重要な職種、あるいはインストラクターや講師などのある程度の人数を対象にして、部屋や道具などの設備を用意する必要がある職種に多いワークスタイルです。



高度な専門性を要求される職種に多く、このようなワークスタイルを採用する人は専業のフリーランサーがほとんどです。また、一般家庭のインテリアや整理整頓の指導など、企業ではなく個人をメインターゲットとした職においては、クライアントの自宅を実質的な仕事場にするワークスタイルもあります。