フリーランスはプラス思考で

###Site Name###

フリーランスとは、特定の組織や団体には属さず、自分が持っている才能や技術に見合った仕事をこなすことで報酬を得る、社会的に独立した個人事業主のことを言います。


組織における様々なしがらみとは切っても切れない会社員にとっては、自由を謳歌しながら高額の収入を得ることができるフリーランスという職業は、常に憧れの存在であると言えるでしょう。



しかし、近年になってこの風潮は、やや薄れつつあるような印象があります。



もしかするとそれは、夢に挫折した人たちが注意喚起の意味も含めて、マイナス要素を明文化する機会が増えたせいかも知れません。



確かに、組織という後ろ盾がなく、収入も一定ではないフリーランスという職業に、ある程度のデメリットがあることは予想がつきますが、これらの内容を俯瞰してよく見てみると、努力次第で回避できる項目もあることがわかります。


優秀な人材の流出を防ぐことが企業人事における重要な課題のひとつでもありますから、殊更に個人事業主になるリスクが喧伝されるのには、そういった意図も含まれているのかも知れませんね。

いずれにせよ、「収入が安定しづらい」、「義務ではなくなる分、仕事に対するモチベーションが維持しづらい」、「フリーになってもクライアントとの人間関係を無視することはできない」などという、一般的に言われるようなデメリットの多くは、予測がつきやすい事態だけに、そう感じる個人の資質や傾向にフリーランスが適していない場合も多くあるということはできないでしょうか。

そういったデメリットを考慮した上でもなお、収入を倍増させ、余暇を作ることができる可能性があるからこそ、この職業形態を志す人は後を絶たないのです。

最初からマイナス思考でデメリットばかりに目が行く人よりも、常に前向きなプラス思考の人のほうが、フリーランスには適しているのは間違いありません。